短編小説

醒めた瞳のその下で【doll番外編】【翼×葵】

こんにちは!月夜です。

 

 

★翼×葵のもしもシリーズ第2弾、番外編のサンプルです。

今回は、彼らがもし大学で普通に知り合って付き合っていたら?亮も玲司も脇役に過ぎなかったら?という話です。

執着と支配が生む共依存。
倒錯的なifストーリー。まるで本編とは異なります。

アウトロー、倫理観は仕事をしない。そんな地獄のストーリーを読める人向けです。ハッピーエンドかは分からない。

★翼が本当に好きな人向けです。
本作の葵は亮とも玲司ともくっつきません。

 

以下サンプルです。
ーーーーーーーーーーーー

ギリ、と靴先を踏まれている。

混み合った電車内。僕の足を踏みつけているのは、目の前に陣取っている僕の恋人。絶世の美少年、翼。少し毛先のカールした柔らかくて艶のある髪、アーモンド型の綺麗な瞳。

付き合い初めて2週間。彼は結構嫉妬深いんだと思い知らされている。

キキキーッと電車が駅に到着して止まる。人が流れる様にして降りていく。人の波から僕を護ってくれる王子様みたいな翼は、しかし僕の耳元でボソボソと言った。

「さっきあっちの巨乳の大学生のオンナ見てたでしょ。あり得ない僕がいながら」

「見てないって!目的地まであと何駅かなあって思って案内みてただけで…!」

「嘘だね。おっぱい見てた。このド変態痴漢」

またグッ強めに足さきを踏まれて涙出そう。いやちょっと出た。

まあ、確かに一瞬巨乳の女性を見てしまったのは事実なんだけど。それはただ本当に一瞬視界に入っただけなんだ。

なのに翼はいつもこう。一瞬でも僕が他の人見てるとやいやい文句言ってくる。じゃあ混雑してる渋谷でデートしよう、なんて尚更言ってこなきゃ良いのに。

多分ぼくを虐めて楽しんでるんだろうなあって。

醒めた瞳を向けつつもほんのり笑っている翼を見て、僕はそう思っている。

 

『醒めた瞳のその下で』

 

翼と訪れた小洒落たレストラン。良いところのお坊ちゃんの翼。付き合って2週間記念ということで奢ってくれるらしい。

「頂きます」

彼は美しい所作であむ、とラム肉にかぶりついた。

美しいさくらんぼみたいな唇、真珠みたいな歯。噛みつかれると痛いけど、今は結構慣れている。

噛みつかれているあの肉がすこうし羨ましい、なんて心の裏で思ってしまうほど…。

翼の返したナイフがギラ、と光を反射してハッとした。いけない。また魅入っていた。

「そう言えばさ。葵、今度ぼく高校の時の同級生と会ってくるよ」

何でもない風を装っているけれど、僕は内心ドキッとしていた。同時にザワザワとも。思い切って聞いた。

「えっと、それって…2人で会うの?」
「そうだよ」

当たり前の様に言う。そんな、男でも女でも翼が誰かと2人で会うのは不安だ。

「やだ?行って欲しくない?」

試すように視線を向けられて僕は素直に頷いた。

「合格。素直な子って好きだよ」

機嫌よく翼は言う。

「でも行ってくるね。相手ねえ玲司って言うんだ。僕に惚れてた男だよ。すっごくね」

 

翼は僕をこうやって試す。いやだと言えばやるし、やって欲しいと言われたら絶対やらない。天邪鬼。

僕の嫌がることが好きで、嫌がれば嫌がるほど僕に熱意を向けてくる、そんな男の子…。

だから僕は時折自分の感情が分からなくなる。

翼の関心を引こうとすればするほど、僕は自分の本心とは違うことをしなきゃいけなくなる。

味がしなくなった食事を終えて、翼の家に帰って同じベッドに潜り込む僕ら。

僕が色んな思いを抱えて背を向けているのを、翼は機嫌良く抱きしめている。お互い言葉が交わさない。なのに彼の香水なのか体臭なのか、甘い花みたいな香りがふわと僕を誘う、そんな夜…。

 

当日。行ってらっしゃいと送り出す他なかった僕。だって翼、僕の言うことなんて絶対きかないから。主従関係がもう出来ていた。

「僕ん家で待ってても良いよ。別に葵ん家帰っても良いし。好きにして。まあ僕がこの家に玲司お持ち帰りしちゃったらゴメンね?酔いの勢いって分かんないもんねえ…?」

 

 

⚠️こちらの作品は本編の番外編です。本編はこちら。キャプションにもリンクあります。

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=16233263

⚠️一部性的描写を含みます。18歳未満の方は閲覧・購入をお控え下さいますようお願い致します。

イチャイチャ度★★☆☆☆
(一応R18指定にしてますが、そういうシーンを期待して読むとガッカリしちゃうかも)

販売ページはキャプションにもリンクあります。
◆note

noteで見てみる

◆booth

boothで見てみる

美形×平凡メルマガ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です