ヤンデレ

【ヤンデレメーカー#2】俺様系ヤンデレ 亜蓮

「ん…!」

変なところに手が滑り込んできた!

「テディ!辞めろって!」
「良いじゃん」

そのままなし崩しに僕に手を出そうとしてきたテディ!いくらイケメンでもそれとこれとは話が別!!

僕はひたすらに暴れてベッドから滑り落ちた!ダッと走り出そうとしたが、服の裾を掴まれてのどがグイッとのけぞった。

「あーもー分かったよ!今日は辞めといてあげる」

そういってテディは僕をベッドに再度引き摺り込んだ。すごい力だった。再度僕をムギュ、と抱きしめた。

「おやすみ、藍」

ハートマーク付きのセリフを飛ばしてきた美男子は、じきに寝始めた。

僕はひたすらに眠れない夜を過ごした…。

***

翌朝。

またもスウウと僕の匂いを嗅いだテディ。

「めっちゃ良い匂い。俺の匂いがちょっとするのもグッドだ」

そう満足気に言った。僕はもう何て言えば良いのか分からなかった。

 

今日は撮影があるというテディ。

部屋を出ていく前にこんなことを言ってきた。

「藍。これあげる。ファンの子から前貰ったやつなんだけど」

クマのぬいぐるみを手渡された。

綺麗な毛並みのゴールド系茶色のクマくん。

「今度から俺が泊まりで帰ってこれない時はこれ抱いて寝てね。俺だと思ってさ。『テディ♪』って話しかけたりしても良いよ」

ニコニコ笑って言うテディ。機嫌良く続けた。

「一緒に眠る習慣を藍の身体に覚えさせないとね。いずれ藍にも俺がいないと眠れない身体になって欲しいじゃん」

…!!!

「な、何言って…!」

「お互いがいないと眠れないなんて最高にクールだろ?ちゃんとクマくん抱いてる写真夜送れよな。

また連絡する」

チュッとキスを掠め取るとテディは出て行った。

***

やや呆然としながらも、残された僕はとりあえずテディの部屋を片付けていった。合鍵は持っている。

テディ…まじで何なんだ…?

距離の詰め方が尋常じゃない。

あと会話の端々から仄暗いさが漂っている。まじ、何…?アイドルってやっぱそんな大変なの…??

モヤモヤが膨らんでいく。

その時着信が鳴った。見慣れない番号だ、パッと出た。

『もしもし?あなたが新しい寮母さん?』

メッチャ良い声に内心ドキッとした。ん?新しい寮母さんて前もいたの?

『あ、ハイそうです!』
『俺の部屋すぐ来れる?701なんだけど』
『今行きます!』

ああ、何か助かった!そそ、他のメンバーもいるし、きっとテディのことだってどうにかなるさ!

とか思ってたけど。普通に他のメンバーもやばいと後に知ることになるのである。

***

701号室の戸をたたく。

「こんにち…!?」

ガチャ、と出てきたのはこれまた目が覚める様な美男だった。真っ黒で少しウェーブがかった髪にがっしりした体格で、野生味ある雰囲気はカッコ良かった。やば、ちょっとタイプかも、なんて…。

「入って」

それだけ言って僕を部屋に招き入れた。ちょっと無愛想なのもクールでカッコ良いとか思っちゃってた。

「初めまして、藤井 藍って言います」
「俺ね、亜蓮。よろしく」

グッと握手してくれた手は、甲に血管が少し浮いている。男物の大きな腕時計が似合う手だった。

「何でも頼んで良いんでしょ?そしたらなんか飯作ってくんない。作り置きも欲しい。高い外食はもう食い飽きたんでね」

「了解です!」

買い物に行ってきて僕はアレコレと作った。肉じゃが、筑前煮、卵焼き、鯵フライ。貧乏フリーターは料理が超得意分野なのだ。

広い広いシステムキッチンは使い勝手が最高だ。良いなメッチャ広い。ここでダンス出来るじゃん、しないけど。

「ふーん?うまいじゃん。こりゃ助かるなマジで」

後ろから覗き込んできた亜蓮さんだった。

ワカル、誰かに手料理作って欲しい気持ち。僕は自分で自分に振る舞うのみだけど!

あとはチャーハン作って終わり、そう思ってフライパンをあっためていた時。

「ってか君。何持ってきたのソレ」
「あー、これはですね…」

とりあえず持ってきたクマくん。キッチンの隅っこに置いていた。

その入手のいきさつを超ザックリ話した。

「昨日、その。テディくんのお部屋で色々雑用やらせてもらったんですけど。テディくんが俺だと思ってねーって。いやー、彼、本当フレンドリーで冗談がうまいですよねーっ」

亜蓮さんの瞳がキラ、一瞬光った気がした。

「クマのぬいぐるみで牽制したいんだろ。まったく面倒なヤツだよ、テディは」

そう言って亜蓮くんはクマくんを回収すると、ポイっとゴミ箱に投げ込んでしまった!

ぼさあ!とゴミ箱に沈んだクマくん!

「あ!!えええー!?」
「良いじゃんテディなんかほっとけよ。どうせあいつ誰でも良いんだし」

「え!?いや、さすがにそんなことはないんじゃ…!?」
「どうせそうだって。アンタ手出されそうにならなかった?」

うっ!なったけど!!

「い、いやー、でも良い匂いだね抱き枕になってみたいに言われて…!」

あれ僕は何を口走ってるんだ?頭ん中がグルグル渦巻いてる!あと何でテディ庇ってるんだっけ!

「あいつが?…ふーん、じゃあ結構ホントに気に入ってるんだ」

多分そういうコト!
僕はやや首を傾げつつもコクコクうなずた。

「でもな藍。お前は俺んとこにずっと来い。俺の言うことを1番に聞け。分かったな」

ドキンと鼓動が鳴った。

 

 

続く

【ヤンデレメーカー#3】ツンデレ系ヤンデレ 雷間近に見下ろされて心臓がバクバク言っている。どっどっどってエンジンみたいに。 「ほら、約束しろよ藍」 「…っい、いやでも…」 ...
美形×平凡メルマガ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です