オメガバース

【片想い症候群#5】陥れる者、誘惑する者、騙す者

※今回も咲也視点です。

「慶太の・・ネガティブキャンペーン・・?」

キョトンとして尋ねてしまった僕に、海里くんはニコって笑って言った。

「ええそうです。

慶太は飛鳥がタイプじゃない、
裏で悪口すら言っている、
とにかく悪い男だ、

優しい飛鳥に合わないと思う・・。

そう言ってもらえたら僕はすごく助かるんです」

目が笑ってるようで笑っていない。
ぞわ、とした。

「お前!!」
さすがに掴みかかった慶太。

「嘘だよ、冗談を間に受けるな兄貴」

くは、と笑い出した海里くん。

 

・・それはいつも通りのにこやかな海里くんだったけれど・・。

でも僕は、海里くんのあの台詞。結構本気で言っていたんじゃないかと思うんだ。

 

 

3人でファミレスを出て、何となくアテもなくプラプラ歩き出した。

食事終わりに海里くんが言った言葉を思い出していた。

『なーんてね!冗談ですよ!
ただ飛鳥と1番長くいる咲也さんに、僕の想いを知っておいて欲しかったんです。それだけで十分ですから♪』

本当に・・?それだけ?

チラ、と隣でやいやい他愛もない話をする兄弟を見上げた。

精悍さの漂うふたり。
2人とも頭は良いんだけど、慶太と海里くんの性質はどこか少し違う気がする・・。

似ている様で似ていない兄弟。

「あ、兄貴。俺あの店見たい」

そう言って服屋さんへとサッと消えていこうとする海里くん。その背中を待ってよと慌てて追った。

 

 

「・・海里の奴、どこ行ったんだよ。ごめんねえ、なんかはぐれたみたい。携帯も繋がらないし」

どことなく嬉しそうな慶太。

「えっうん・・まあ、良いよ・・」

人混みの街中で、海里くんと僕らははぐれてしまったみたいだった。人手も多いしね、それはしょうがないんだけど・・。

「咲也」

その声音にドキ、としてしまった。実は声の良い慶太。

「な、なに?」

服屋さんの服を見てるフリしながら適当に返事した。

「海里は適当に家帰るだろうからさあ。適当にもうちょっとプラプラしてこうよ。ホラ、飛鳥の誕生日が近いだろ?一緒にプレゼント選んでよ」

「えぇっ・・う、うん・・良いよ飛鳥のためだったら・・」

「やった!!!」

ものすごく嬉しそうな慶太が、ちょこっと眩しく見えた気がして、そんな雑念を振り払った。

ごめん飛鳥、これはデートとかじゃないんだ、本当・・!!!

 

アレコレと色んなショップを見て回る。

「慶太。こういうのどう?」
「うーん、飛鳥だとこの色は多分好みじゃないと思う」

慶太は意外と飛鳥のことをよく分かっているらしかった。僕はそれが嬉しかった。

「さっすがあ〜!幼馴染、分かってる〜!」
「飛鳥はただの幼馴染、だよ」

チラと僕を見て言った慶太。

・・そんな言い方しなくたって良いじゃないか・・。僕が傷ついていた。

「そういう言い方良くないと思うな〜」

わざと茶化して言った。

「だって俺が知りたいのは咲也の方だもん」

耳元でそうハッキリ言われて、僕は手に持っていたTシャツをバサと落とした。

 

 

その後、何とかプレゼントは買えたものの僕は調子悪くしてしまい・・ベンチに座りこんでしまっていた。

「大丈夫?咲也・・」

すごく心配そうな慶太。背中をそっとさすられて、そのたびぶわ、ぶわりと身体が震えた。

・・ヒートだ。くそ、なんでこんなタイミングで・・。

「咲也?水、飲んで」

慶太の一言ひと言が、鼓膜を震わせる。

「ん・・ありがと」

渡してくれたペットボトルの水を飲もうとして溢した水は、僕の喉を伝って落ちた。

「・・溢れてんじゃん」

悪戯にははと笑った慶太の表情に、キュンとしてしまっていた。

「・・ヒートが・・来たみたいで・・慶太はその、大丈夫・・?」

「んー?うん、フェロモンの拮抗薬普段から飲んでるから別に平気だよ」

カラっと笑って言った。そっか・・なら良かった・・。僕のフェロモンで親友の好きな人を誘惑とか、あり得ないし・・。

「かばん・・抑制剤、取って」
「ん。ほら、口開けて。飲ましてやるから」

慶太が袋を破って僕の口に含ませてくれた。

抑制剤は錠剤だ。5粒一気に飲めば、ヒートの興奮はすぐに抑えられる。もう大丈夫だ・・。

 

そのはずだったのに。

時間が経てばたつほど、僕の頭はグラグラしていった。

「やば・・もう、帰る・・」

何だかへなへなとしてうまく歩けない僕は、慶太に捕まって歩いた。逞しい腕が僕を支えていた。

「タクシー・・」
「この辺タクシー来ねえよ咲也。・・ちょっとあそこのカラオケで休んでけば?」

 

バタンと後ろ手に扉を閉めた。ふ、と照明の落された室内。

「なに・・」
「これで2人っきりだ、咲也」

 

暗闇に響く声に、僕の中で何かがうねった。

 

 

続く

【片想い症候群#6】誰かの片想いが成就する時※飛鳥視点です 「・・あ、おはよう!咲也!」 朝。通学途中で咲也を見つけて僕は駆け寄った。 週末、全然連絡つかなかった...
美形×平凡メルマガ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。